MENU

口コミ情報などを見ていると、同じカードローンの申込で、ほとんど同じ条件で申込をしているのに、審査に通る人と通らない人に分かれます。

 

カードローンの審査基準は複雑で、審査に落ちた理由や、限度額は少なくなった理由が解らないのが普通ですが、審査には知られていない基準があるので、何を基準にしているのかが解ればより有利に審査を通す事が出来るようになります。

 

知られていないという基準といってもそんなに特殊なものではなく、日常生活で気を付けていれば改善される事がほとんどなので、基準を知って、より有利なお金の借り方を実現しましょう。

 

審査に通る人通らない人

たとえば、独身の人と既婚者では、どちらが審査に通りやすいかを考えると、既婚者の方が通りやすくなります。

 

キャッシングが初めての人、これまで利用したことがある人とではどちらが有利でしょうか?答えは、キャッシングの経験がある人になります。

 

なぜこのような違い生じるのでしょうか。

 

理由は、カードローンの審査は年収の他にも非常に多くの審査項目があるからで、キャッシング業界ではただ単にお金を貸すというだけでなく、いかに優良な顧客を見つけ出すかが成功の秘訣となっています。その判断基準として、一般的に分かり切った要素だけで判断していては、他社との差別化はできません。

 

ですから、顧客のさまざまな要素を考慮して審査する必要があり、各社はこれまで積み上げたデータやノウハウシステムを利用してより正確な「与信スコアリングシステム」を導入しています。

 

与信スコアリングシステムには、申込書に記入する「勤務先」や「勤続年数」、「年齢」などと信用情報機関の個人情報に基づく「借入状況」「返済実績」などの情報を元にしています

 

 

融資が可能かどうかはスコアリングシステムで決まる

 

キャッシング業者は、まず申込をした人の<属性をコンピューターで点数化していきます。
その合計点数によって、融資が可能かどうか、融資が可能ならいくらまで貸せるかを判断します。

 

業者によって多少の違いはありますが、基本的には社会的に有利と思われている属性が有利になります。

 

勤務先で最強なのは公務員、続いて大手企業のサラリーマンです。パートやアルバイトでも申込が可能としていますが、消費者金融の場合は年収による融資制限があるので、年収が少なければ融資限度額は低くなります。キャッシングは年収が有る事が最低条件なので無職の場合、一部を除いて審査に通る可能性はほとんどありません。

 

雇用形態を見ると、もちろん正社員が有利になりますが、最近ではパートやアルバイト、派遣社員でも年収があれば申込みは可能です。また、勤務先が重要視されるので、派遣やアルバイトでも勤務先が大企業であれば可能性が高まります。

 

勤続年数は基本的に、6カ月未満の場合はかなり厳しいですが、最近では3カ月~6カ月でも審査を通している消費者金融もあります。

 

年収についてはいくら以上必要という決まりはありません。ただ、総量規制の対象になる消費者金融や信販会社では、融資限度額は年収の3分の1までと制限されます。そのほか、健康保険証や住居形態、居住年数、既婚未婚、固定電話の有無など、細かな事も含まれます。

 

信用情報機関の個人情報も重要な情報源

キャッシングが初めての人は、経験の多い人よりも有利ではないという事を書きました。普通に考えると、これまで借金経験のない人の方が良いというイメージがありますが、キャッシングに関してはそうではありません。

 

なぜなら、キャッシング業者が、求めているのはキャッシングが初めてという初心者ではなく、繰り返し取引(借入)をしてくれる顧客を求めています。そのため、すでにキャッシングの実績があり、取引期間も長く、返済実績の優秀な利用者を求めています。

 

そのため「信用情報スコアリング」が重要視されます。取引実績は長ければ長いほどよく、他社借入件数や現在の借入残高については少な目が有利になります。

 

カードローンの審査に通る人になるには

 

上で述べたような、有利になる条件が多いほど、審査に通りやすくなるといえるでしょう。ただ、勤務先や社会保険の種類のように、自分ではどうにもできないような属性も多いのですが、実は、自分でどうにかすることが可能で、審査で重要になるのは「属性スコアリング」ではなくて「信用情報スコアリング」のほうです。

 

過去の金融機関との取引実績(クレジットヒストリー)をきれいにしておけば、審査に通りやすい人になれます。クレジットヒストリーをきれいにするには、「適度に借りてきちんと返す実績を積む」「返済の延滞は絶対にしない」「できれば借入件数を少なくしておく」「いちどに複数の申込をしない」というような自分で信用度を高めることは可能なので、審査に通る人になるためにも、常に自分の信用情報を意識する事が重要になります。