MENU

手続きが簡単になった銀行カードローン

以前のキャッシングと言えば消費者金融で借りるのが一般的でしたが、最近ではメガバンクや都市銀行、地方銀行や信用金庫でのカードローンの利用者が増えています。

 

銀行のカードローンは、安心して借りられるといった点もあるため、初めてお金を借りる方からも人気があります。ただ、中には銀行のカードローンを利用したいけれど、手続きが面倒そうで、借りるまでに時間がかかるといったイメージがあり、ついつい消費者金融でと言う方もいます

 

銀行の窓口業務は時間がかかる

銀行は窓口からの手続きは、たしかに時間がかかります。窓口で番号札を受け取ってから、全ての手続きが完了するまでに、小一時間といった時間を取られることもあります。特に週末や月末、そのほか特定日などは混雑がさらに増し、手続きは何かと時間がかかります

 

銀行で借りるカードローンもそのイメージのまま「手続きが面倒そう」とか「時間がかかりそう」と思い込み、実際の内容を詳しく調べないまま、即日融資での利用が可能な消費者金融へと流れています。

 

カードローンの申込は来店不要

銀行のカードローンはネットでの手続きができるため、24時間いつでも申込が可能で、面倒な手続きはありません。

 

消費者金融やクレジットカードの申し込みと同様に、ネット上での申込みフォームから手続きを進め、審査が終われば来店不要で、契約ができるようになっています。

 

申込みに時間を取られることなく、審査回答も早くなっているので、最短即日での融資も可能になっていて、即日融資は消費者金融だけの特徴ではなくなってきています。急ぎで借りたい時でも、銀行カードローンは十分に選択肢に入ります。

 

カードローン審査が早くなった理由

ほぼ全ての銀行カードローンは、銀行グループ内の保証会社を利用する契約となっています。保証会社との保証契約を結ぶ代わりに、担保や保証人は不要となっています。

 

カードローンを契約するまでの間で、最も時間がかかるのが審査の部分です。時間がかかる審査の部分を保障会社に任せることで審査時間が数十分と大幅に短縮される事で銀行側の手間を省き、その分契約までの時間が短縮され、即日融資も可能にしています。