カードローン審査

MENU

銀行と銀行系の違いは?

「銀行」と「銀行系」言葉だけを見ると大した違いがあるとは思えませんが、実際は大きな違いがあるので、キャッシングを始める前に両者の違いを理解してお必要があります。

 

銀行と銀行系の違い

「銀行」とは、お金を預けたり引き出せたりする、銀行口座が持てる銀行そのものです。三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行、みずほ銀行といったメガバンクや、各地方都市に点在する都市銀行やネットで使えるネットバンクなどをいい、銀行のカードローンと呼ばれるものは何れかの銀行からの借入れをいいます。

 

消費者金融との違いは、審査に通るには保証会社の保証がなければ審査に通りません。銀行系は保証会社の保証がないという事も大きな違いのひとつです。

 

「銀行系」は、銀行そのものではなく、銀行のグループに属するノンバンクつまり消費者金融や信販会社を指し、同じグループの保証会社となっている場合が多いです。

 

銀行系の消費者金融の意味で、例えば三菱UFJフィナンシャルグループの「アコム」、三井住友銀行グループのSMBCコンシュマーファイナンス「プロミス」が代表的な銀行系消費者金融が保証会社となっています。

 

総量規制で大きく違う

総量規制は本来、消費者金融や信販会社に課せられた法律で、銀行そのものからの借入は、貸金業法による縛りはありません。銀行系は総量規制で、融資限度額は年収の3分の1以内と制限されるので、それ以下の借入希望額でないと審査に通りません。

 

一方銀行カードローンが総量規制の対象外となることで年収による制限がないため、審査に通れば年収に関係なく融資が受けられますし、配偶者に安定した収入があれば、無収入の専業主婦でも融資が可能なカードローンもあります。

 

また、銀行系(消費者金融)で50万円以上の契約や、他社との合計で100万円以上の契約となる場合は、審査で収入証明書類の提出を求めて年収を確認する事になっています。

 

銀行カードローンの場合は、年収による決まりがないので、300万円まで所得証明を不要とする銀行カードローンも存在します。銀行系は消費者金融の枠組みから外れることはないので、借りるところが銀行なのか銀行系の消費者金融なのかをよく調べ、間違った情報で借入先を選ばないような注意が必要です。