カードローン審査

MENU

保証会社が保証するとはこういうこと

銀行カードローンの申込条件には「当行が指定する保証会社の保証を受けられる方」という条件が記載されています。

 

保証会社には、アコムやSMBCコンシューマーファイナンス「プロミス」といった、大手消費者金融が保証会社として名前が出ています。銀行カードローンの審査は保証会社の審査も受ける事になります。

 

保証会社と大手消費者金融の関係

消費者金融は、グレーゾーン金利が撤廃されたことで、その影響は非常に大きく、グレーゾーン金利返還訴訟などで、体力のない中小の消費者金融業者は持ちこたえる事が出来ず、あっという間に倒産してしまいました。

 

大手消費者金融は、なんとか維持できたものの、資金が枯渇し、資金不足を解消するために、大手銀行の金融グループの傘下に収まることになります。

 

銀行はこれからの主力商品になる個人向けの融資に関して、高いノウハウを持つ優秀な消費者金融と経営統合すれば無駄な設備投資は不要になると考え、大手消費者金融を銀行グループに参入させ、銀行グループの一員として迎え入れます。そして銀行グループに仲間入りした消費者金融は、独自のシステムやノウハウを使って、銀行のカードローンの審査もするようになりました。

 

保証会社の審査

保証会社の審査といっても、基本的には消費者金融の審査と変わりません。それまで、審査が厳しいと言われていた銀行も、大手消費者金融を保証会社にする事で融資の幅を大きく広げています。

 

というのも、仮に利用者が支払い不能になったとしても、保証会社が代位弁済してくれるので銀行は何の心配もありません。実際、三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」が即日融資を可能にしているのも「アコム」が保証会社になったからだと言われています。

 

また、オリックス銀行カードローンのように保証会社はオリックス・クレジット株式会社と、新生フィナンシャル株式会社の2社という銀行もあります。ある程度の所得や、まとまった融資の方に対する審査が中心となる場合はオリックス・クレジット株式会社が審査をします。

 

オリックス・クレジット株式会社の保証が受けられない方や、所得が多くはなくても安定している方は申請フィナンシャル株式会社が審査をする事で、顧客の獲得に努めているカードローンもあります。