MENU

専業主婦でも借りられるカードローンは?

主人の給料だけで生活していると、やりくりが上手くいかなかった時や、急な出費で家計がピンチになった時、専業主婦でも銀行のカードローンなら借りられます。

 

収入のない主婦はキャッシングが難しい

自分自身に収入のない専業主婦が借りられるのは、銀行のカードローンだけになるのは、消費者金融で借りたいと思っても、総量規制で、年収の3分の1以内と制限されており、本人に収入がない専業主婦は借入が難しくなります。

 

総量規制には「例外」があり、「配偶者貸付」制度を取り入れている消費者金融なら申込が出来ますが、その場合でも本人に収入が有る事を条件にしているのがほとんどなので、消費者金融で借ることは難しくなります。

 

銀行カードローンは総量規制の対象外

銀行は銀行法に基づいて営業しているので、総量規制の対象外になるので、年収は影響しないので審査も受けられ、専業主婦でも借入は可能になります。そのため、銀行カードローンなら、専業主婦も本人名義で契約が可能です。

 

ただし、どこの銀行でもと言うわけではないので、専業主婦対応の商品が用意されているカードローンの中から選ぶ事になります。

 

優先順位を付けてみる

銀行カードローンを選ぶときは、まず自分の中で借入条件に優先順位をつけます。カードローン選びの秘訣は、事前にカードローンの特徴などを調べておくことです。

 

たとえば、即日融資で借りられるか、金利はどれくらいなのか、口座を作らずに借入れできるかなど、どんな条件で借りられるのかを調べ、その中から自分に必要な条件に沿ったカードローンを選び順位を付けていき、優先順位の高い銀行カードローンへ申込をします。

 

専業主婦専用のカードローン審査

専用と言っても多くが借りられるとか、審査が緩いというような特別な審査ではなく、一般ローンと同じ審査を受けることになります。

 

銀行カードローンも基本的には収入がることが条件になっていますが、専業主婦専用の商品は本人に収入がなくても、配偶者に収入が有れば申込が可能です。

 

ただ、審査で重要なのはクレジットカードや公共料金などの延滞をたびたび起こしている場合は審査に通りにくくなりますので、普段からお金の管理はきっちりとしておくのがポイントです。