カードローン審査

MENU

総量規制対象外のメリット

消費者金融のキャッシングと銀行カードローンでは総量規制が大きく影響してきます。

 

消費者金融や信販会社は総量規制の対象になり、銀行カードローンは総量規制の対象外になるので、同じキャッシングと言っても大きく内容が違ってきます。

 

これらを知る事で申込先も違ってきます。

 

貸金業法の総量規制

2010年の貸金業法の改正で総量規制が完全施行となりました。これまで無制限の状態であった融資限度額が、この制度によって融資限度額は年収の3分の1以内に制限されるようになりました。

 

また、年収の3分の1という事から、年収のない無収入の専業主婦は申込条件が厳しくなり、審査に通るのは、ほとんど不可能という事になってしまいました。

 

総量規制の適用を受けるのは

この法律は「貸金業法の総量規制」とあるように、消費者金融や信販会社が守らなければならない法律で、違反すれば法律で厳しく罰せられるようになりました。

 

たとえば、融資限度額は年収の3分の1以内と制限を受けますが、それを越えて申込をする時、借入希望額が50万円をこえる場合や、他社で借入が有る時、その借入残高と借入希望額の合計が100万円をこえる場合は、審査で収入証明書類の提出を求められ、年収の3分の1を超えていないか確認をすることになっています。

 

ただ、すべてが総量規制の適用を受けるのではなく、「おまとめローン」や「事業者ローン」などは規制の対象外になります。

 

銀行カードローンは総量規制の対象外

銀行は銀行法で事業を行っているので、貸金業法は適用されません。ですから、総量規制の影響は受けず、銀行それぞれが、独自の審査基準を設け、その基準に基づいて融資をしています。

 

銀行カードローンの審査で、「この金額までなら貸してもよい」と判断すれば、年収の3分の1にとらわれることなく融資が可能なので、最大融資限度額が1,000万円といった大口融資も可能なカードローンもあります。

 

銀行カードローンには、無収入の専業主婦でも個人名義で申込ができる商品もあります。配偶者に年収が有れば申込が可能なので、主婦の間でも銀行カードローンは人気が出ています。そのほか、銀行カードローンには多くのメリットも有るので、キャッシングを始める時の候補にすることをおススメします。